NとF



先日、原作の小説をようやく読めたので、
ドラマでもこのシーン良かったなあ、なんて思いながら
以前途中まで描いていたものを引っ張り出して。
4年前のドラマだけど、未だによく観なおしています。

小説では方言が使われてなかったのが意外なほど、
すっかりドラマの影響が色濃く残っているのでした。



森博嗣さんの「すべてがFになる」もドラマから入ったクチですが、
S&Mシリーズもゆっくり小説を買い揃え中です。
萌絵ちゃんと犀川先生の関係性が好きすぎる…



すべFはドラマ化もアニメ化もされている作品なので、
キャラクター像はある一定固められそうだったのに、
小説を読むとさらに魅力がたっぷりで、まだ外側イメージを固められず。

読み手の数だけイメージがあって、まだ見ぬ犀川先生や萌絵ちゃんが
存在するんだろうな。
読後にイメージを追いかける楽しい一人遊び。