ごくちゅー55の裏側

gokuura55
この回を描いていたら、本当に突然雨が降ってきて、
夏の雨との違いを感じたりして。
あれこれ試行錯誤を繰り返しましたが、
最終的にはとてもお気に入りの回になりました。

そんなごくうらですが、
本編の明暗の”すきま”を縫うように描かれる「五倉山中学日記」の、
さらにすきまを覗いていたこのシリーズ、
本編を追い越した今、そろそろ不定期にしようかな、と思います。

一学期も終わったことですし、ここからは1〜5までの本編を読み直す良い機会かなあと思いましたので、
次回からは野暮を承知の新シリーズ「ほたるのへびのあし」を不定期で始めたいと思います。
へびといっても、1巻で登場したあの人ではありませんので、どうかご安心下さい。
へびのあし、つまりは蛇足。
本編をお楽しみの方や、これから読まれる方にとっても、蛇足の延長には変わりはありませんが、
まあちょっと覗いてみようじゃない、と思われた方にとって、
どこかしらお楽しみ頂けたらいいなと思います。

一例として
・永児の寝癖はどうやって生まれるのか?実証結果
・巻末ふろく7月号 着せ替え紙人形喜多見さん
・あのシーンを描いてみる
・あのひとを描いてみる 〜モブにもスポットを〜
・Twitterでメモした小ネタ集

蛇足も突き詰めれば、ワサワサ二足歩行出来る新種に生まれ変われるかもしれないし(怖)
そこから「ほたるの群れ」の新たな可能性を見つけられたら、めっけもんです!
まあ所詮はひら小屋ですから、肩の力をぬいて、オヤツ傍ら今後も一緒に遊んで頂けますように。